【シーバス(スズキ)】

 001
03 

《ロッド(竿)の長さ》

港湾周辺では、軽くて取り回しが良く、ルアーをピンポイントでキャスト出来る、ルアーをコントロールしやすい8.6ft~9.0ftの長さのロッドがおススメです。

サーフ(砂浜)では、ルアーの遠投性能に優れ、波にラインが叩かれづらい、10.0ft~11.0ftの長さのロングロッドがおススメです。

《ロッドの固さ》

ルアーのウエイト(重さ)が7~28gまでの小型のフローティングミノーやワームを使用する事が多い場合は、ライト(L)~ミディアムライト(ML)の固さの物がルアーをコントロールし易いです。

ルアーウェイトが35gまでの大型シンキングミノーやバイブレーション、メタルジグを使用する事が多い場合は、ミディアムライト(ML)~ミディアム(M)がおススメです。

.JPG

《リール》

2508番~3000番の大きさのリールでPEライン 0.8~1.0号が150~200m巻ける物がおススメです。ハイギアタイプは巻き取りが速いので、ルアーの回収の時便利です。

《糸》

糸の伸びがほとんど無く、感度に優れたPEラインが現在のルアーフィッシングの定番です。ラインの太さは、0.8~1.0号(直強度 5.0~6.0㎏)あれば強度的にも十分ですし、リールに150~200m巻いてあれば良いと思います。ただ、PEラインは瞬発的な力や根ズレ(熱)に弱い特性もあるので、必ずフロロカーボンやナイロンのリーダー 4~6号を1.5~2.0m位の長さの物をPEラインの先に付けて下さい。

《ルアーの種類》

フローティングミノー  

水面付近で小魚が逃げ惑うようなアクションを付けるのに最適なルアーです。巻き取り(リーディング)を止めるとゆっくり浮き上がります。

シンキングミノー

水面付近から中層で小魚が泳いでいるように見せる事が出来るルアーです。巻き取り(リーディング)を止めるとゆっくり沈みます。

バイブレーション

小型でルアーウェイトもあるので、水面付近から底付近まで広い範囲に探れるので、シーバスが、どのレンジ(棚)に居るか判らない時におススメなルアーです。ゆっくりな巻取り(リーディング)でもしっかりアクションしてくれます。

メタルジグ

ルアー全体が鉛やタングステンで出来ているので、飛距離が必要なポイント(場所)を狙う場合に最適なルアーです。フォール中の「フラッシング効果」でHITする事も多いルアーです。

《ルアーの色》

水が澄んでいる時はリアルに魚に見える「イワシカラー」や「ブルピン」、水が濁っている時にはアピール力のある「ピンク」や「コットンキャンディ系」、朝夕の光量の少ない時は「ゴールド系」、夜は「レッドヘッド」や「チャート系」ですが、これは一般的な例なので、色々なカラーのルアーを投げてみる事が釣果の早道だと思います。

《ポイント(場所)》

シーバスは小魚を捕食する「フィッシュイーター」なので、小魚が群れている場所が高確率でHITするポイントになります。小魚が群れる場所は、小魚の餌となるアミやプランクトンが集まりやすい「潮の流れに変化がある場所」です。

港湾付近では、堤防の際やテトラの切れ間、橋脚や杭の周辺は潮の流れが変化しますし、サーフ(砂浜)では、沖のテトラの切れ間や離岸流の近く、小型の河川の河口付近も小魚(ベイト)の集まりやすいポイントになります。

.JPG
.JPG
.JPG