【サビキ釣り】

イワシ&アジイラスト 001

仕掛図 アジ・イワシ

《サビキ釣り仕掛》

[ 竿 ]…3.0~4.5mの のべ竿

[道 糸]…ナイロン糸1~1.0号

《サビキ遠投釣り仕掛》

[ 竿 ]…3.6~5.4mの3~5号の磯竿

[リール]…中型スピニングリール

[道 糸]…ナイロン糸 3~5号

《アジ・鰯の基本的な釣り方》

5~10㎝の小アジや鰯は足元を回遊するので、のべ竿タックルでも釣れますが、15~20㎝以上の中型アジは沖目を回遊するので「サビキ遠投仕掛」で狙ってみましょう。仕掛の棚(水深)は鰯やサバは中層~表層、アジは底~中層を回遊する事が多いので魚の回遊に合わせて棚を決めましょう。コマセカゴにコマセを入れ、仕掛を投入したら2~3回竿先をシャクってコマセを出しアタリを待ちます。5~10分してアタリが無ければコマセを詰め替えて再び投入します。

サビキ仕掛は、小アジの場合は針 1~3号、ハリス0.4~0.8号、中型アジの場合は針5~8号、ハリス1~3号ですが魚の大きさに合わせてサビキ仕掛の大きさを変えるようにしましょう。