【釣りの話をしよう】(13)

よく、「ルアー釣りするのに、いくら位の竿とリール買えばいいですか?」とお客さんから聞かれる。

正直、竿もリールもピンきりで、3000円位から7〜8万円する物もある。違いは、竿ならば最先端の素材を使い感度や軽さを求めたり、リールならば、内蔵するボールベアリングの数やギアの剛性で値段が変わってくる。

釣具を売っている僕がこんな事を言うのは変かも知れないが、これからシーバスやショアジギング、エギング、アジングを始めようという人には竿もリールも1〜2万円程度の物で良いと思う。

「DAIWA」や「シマノ」の1〜2万円クラスの竿なら、高密度カーボン素材(HVF)を使い、「X45」や「ハイパワーX」構造の補強材で竿のネジレを抑え、ガイドはフジ社製のPE糸が絡みにくいK型ガイド搭載。

「DAIWA」や「シマノ」の1〜2万円クラスのリールなら、滑らかな回転と強度の「デジギアⅡ」や「HAGANEギア」搭載でボールベアリングも4〜5個入っている。海水や埃の侵入を防ぐ「マグシールド」や「コアプロテクト」で防水効果もUPしている。一昔前の上位モデル並みの装備だ。

「最初から高い竿やリールを買っておけば、買い換えずに済む」という考え方もあるが、高い竿やリールに予算をかけるより、色々な種類やカラーのルアーや餌木を買う方が魚を釣る早道のような気がする。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください